水素水の酸化還元電位って数値が多ければ多いほどいいの?

酸化還元電位とは?

水素水には、酸化還元電位と呼ばれるものがあります。

酸化還元電位は、ある溶液の中に入っている「酸化体」と「還元体」、どちらの力が強いかを電極と電位差で表しています。酸化体とは酸化させる力を持つ物質、還元体はもとに戻そうとする物質のことです。+なら酸化力が強く、−なら還元力が強いとされています。水の場合は+250mvが基準となっており、+250以上なら酸化水、+250以下なら還元水です。

ちなみに水道水の酸化還元電位は+600mv〜900mvと言われており、酸化水であることがわかります。一方、水素水の場合は−200mv〜−600mvに該当することが多く、還元水です。酸化水を飲み続けると血液や臓器などが酸性になりやすく、体に負担がかかることになってしまいます。このことからも、水素水が体によいことがわかるでしょう。

酸化還元電位の数値はどのくらい重要?

水素水ならば、基本的には酸化還元電位が表示されているはずです。明らかに+250mv以上のものは、水素水と言っていいものかどうか疑わしいため、気をつけましょう。酸化還元電位は、本物の水素水かどうかを確認する手段として覚えておくと役に立ちます。

ただし、酸化還元電位の数値にこだわりすぎる必要はありません。もちろん−の数値が大きい方が水素水として魅力的ではあります。しかし、数値は計測する器械や条件によって差が出てくるものです。そのため、−200mv〜−600mvという適正な数値の間であれば、数の大小はそれほど気にしなくてもよいでしょう。

水素水の酸化還元電位は時間とともに変わる

酸化還元電位は水素の量に左右されるます。そのため、一度開封してしまうと、水素が抜けていきやすい水素水は、時間の経過とともに酸化還元電位が下がっていくのです。ある実験では、開封時に−500mvだった水素水を別容器に移して放置したところ、1時間後には−200mv近くまで減少しました。その後も徐々に減り続け、8時間後には−30近くになったのです。−30でも還元水ではあるため、体への負担はありませんが、せっかくの水素水の効果は激減したことになります。酸化還元電位の値から見ても、水素水は開封後できるだけ早く飲んだ方がよいと言えるでしょう。

水素水の酸化還元電位の値は−200mv〜−600mvであれば、それほど気にしすぎなくて大丈夫です。偽物の水素水を見抜く目安にしましょう。