水素水のデメリットってあるの?

水素水に副作用はない!?

水素そのものはもともと水を生成する分子でもあり、人体には無害な物質です。食品添加物として厚生労働省にも認可されており、認可後も継続して調査が行われています。

体内に摂取された水素は、悪玉活性酸素と反応して水になって排出されるため体の中には残りません。また、悪玉活性酸素の量以上に水素を摂取した場合でも、余った分は呼吸などと一緒に体外に出ていきます。大量に摂取しても問題はないと言えるでしょう。

副作用も基本的にはありません。ただし、悪玉活性酸素を排出する際の影響からか、まれにお腹がゆるくなるという話があります。原因は水素だけではないかもしれませんが、いずれにしても、万が一副作用を感じたら一旦使用を中止しましょう。

飲み方を間違えると効果ゼロ!?

水素水は、飲み方を間違えると効果がほとんどなくなる点がデメリットと言えます。基本的に水素分子は非常に小さく、抜けやすいものです。そのため、ペットボトルや缶など容器によっては、簡単に水素が逃げてしまいます。また、少しでも酸素が入っていると結合して水になってしまうため、飲むときにはただの水ということになりかねません。
水素水の容器としては、アルミパウチが最も水素を逃がしにくいとされています。しかし、その場合でも賞味期限はきちんと守り、一度開封したらできるだけ早く飲むなど、用法を守らなければ効果は期待できません。

偽物に要注意!

水素水は、無色なうえに無味無臭。もちろん、使用している天然水や地下水などの種類によって多少の差はありますが、普通の水と見た目や味は変わりません。そのため、水素が入っているかどうかは、飲んだだけでは判断できないのです。水素水への注目が集まっているのを利用して、十分な水素が入っていない水を水素水と偽って販売している悪質な業者も出てきています。普通の水よりも価格が高い水素水。せっかく買ったのに、偽物だったために効果がなくては困ります。水素水を購入する場合は、信頼できる販売元かどうかをしっかり確認することが大切です。

水素水自体には副作用やデメリットはありませんが、飲み方や悪質な業者にだまされないように気をつけましょう。