硬水の水素水と軟水の水素水はどうちがう?

硬水と軟水の違いとは?

硬水か軟水かは、水に含まれるミネラル分の量によって決まります。ここでいうミネラル分とは、カルシウムイオンとマグネシウムイオンのこと。計算式は、

硬度(mg/l)=カルシウム量(mg/l)×2.5+マグネシウム量(mg/l)×4.1

です。世界保健機関の基準によると、硬度が120mg/l以下なら軟水です。ただし、国内ではもう少し細かく考えることが多く、

60mg/l以下…軟水
61〜120mg/l…中軟水または中硬水
121〜180mg/l…硬水
180mg/l以上…超硬水

とされています。水素水の場合は、軟水の水素水か中硬水の水素水が多くなっており、硬水の水素水は国内では珍しいです。そのため、硬度の高い水素水が飲みたい場合は、硬水のミネラルウォーターと水素水生成のための機械などを購入して、自分で作る必要があります。

効果は同じ!? 軟水の水素水と硬水の水素水

水素水は天然水や地下水などをもとにして、水素分子を増やして作られるものです。そのため、もとになる水の種類によって硬水の水素水か、軟水の水素水かが分かれます。基本的に、硬水でも軟水でも、水素水としての効果は変わりません。水素水にとって大切なのは水の硬度ではなく、水素の含有量です。硬度と水素の相性もとくに関係がないと考えられています。

違いは口当たりや飲みやすさ

日本国産の天然水などは、ほとんどが軟水です。反対に、海外のミネラルウォーターなどの多くは硬水が使われています。一般的に軟水は口当たりがやわらかく、まろやかです。日本に住んでいるのであれば、普段から軟水を飲んでいることが多いため、体にもなじみやすいと言えるでしょう。一方、硬水は口当たりが重く、飲みごたえがあります。舌触りや味が気になって飲みにくいと感じる人もいれば、コクがあって美味しいと感じる人もおり、評価が分かれるかもしれません。また、胃腸が弱い人などは硬水の豊富なミネラル成分によって、お腹をこわす可能性があります。
これらの特徴は、水素水になっても同じです。そのため、普段あまり水を飲みなれない人ならまずは軟水の水素水、よく水を飲み、水素以外にミネラル分なども確保したい人は硬水の水素水を選ぶとよいでしょう。

硬水でも軟水でも水素水としての効果は同じです。どちらにするかは味や口当たりの好みで決めましょう。